高知県土佐山に暮らすゴトゴトファミリーのゴトゴトライフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
タイトルでピストルズしてしまいましたが、
休日の今日は一日中野良仕事。
まさにホリデイインザサン! にゃ!

最近の畑仕事は、大雨でゴトゴト第一ファームが潰れたので、
もっぱら第二ファーム。虎さんに借りてます。
先日台風19号が通過したので、その点検もかねて
リーマンブラザース(注1)を休んで行ってきました。
※注1…土佐弁でサラリーマンの意。

DSCN2764.jpg
朗らか家族のコルホーズ・ソフホーズ、ゴトゴト第二農場。
手前ブロッコリー生育良好、奥まって白菜オッケイ、左一列全部大根ブリリアント!

台風による作物への被害はなし、木に縛り付けた耕運機も飛ばされてなくオッケイ。
皆順調に育っていて安心しました。

さて、本日の農作業メニューは下記。
①追加購入した白菜苗の定植
②にんにんくの定植
③草引き(全体的に)
④追肥(全体的に)
⑤カブ、小松菜、青梗菜の間引き

せっかくのホリデイなので、午前中でパパッとすませて
昼からビールでも飲んで、ボサノバな感じで過ごそう
と思ってたのですが、意外と時間がかかり
午前3時間、午後3時間のハードワークになってしまいました。

DSCN2769.jpg
にんにくは、昨日の夜キッチンチナさんの勅命を受け、急遽決行。
大幅に時間がとられたのは、このせいじゃあああ!!

まあにんにくはやりたかったのでいいのですが、
時間がかかった理由のひとつに、今期から自身の農業スタイルを
大幅に刷新した事があげられそうです。あげちゃいます。

今期から気づき目指しているのが「考える農業」。
そう、ID農業と言いましょうか、なんといいましょうか。
Think!です。

東京は中野の3坪農園から始まった我が家のファーマーヒストリー、
もう8年目を迎えます。なのに、万年素人、トウシロー。
何が原因かと考え、気づきました。
「俺たち何も考えていない…」。

種まくにしても定植するにしても、
マルチかけるにしても間引きするにしても、
ちょちょっと本を見て、あるいは話を聞いて、
やってみただけ、ほったらかし。

天気がどうあろうが、作物がどんな状態であろうが、
「聞いたとおりにやってるも~ん」と無関心。
失敗しても、「農業ってそんなものよね」と無頓着。

それが8年続き、自分たちのやりかたのまずさに
やっと気がつきました.。

で、気づいたはいいのですが、考える農業は疲れます時間もかかります。
白菜の声を聞き、ブロッコリーの悩み相談を受け、ニンニクの恥じらいをとりさり
大根のクレーム処理に当たり、あっちをウロウロ、こっちをウロウロ。
なんだかんだで6時間もかかってしまいました。

にしても、農業は腰に来ますね。
と、毒にも薬にもならないシメで本日終了。
…眠くって。

DSCN2777.jpg
農作業の中で一番嫌いな間引き作業。しんきくさくて、いつも発狂寸前。

DSCN2782.jpg
今回も気がふれそうだったので、ハサミでチョン切る戦法にしました。こんなくたくたになって
大丈夫なのかしら、畑仕事の諸先輩方、アドバイス願います。

DSCN2801.jpg
畑を見回す篤農家の影。

DSCN2792.jpg
ゴトゴト仕事の終わりは、戦士の休息ホットコーヒー。う~んマンダムならぬ、う~んはなればなれ。




スポンサーサイト
2014.10.15 / Top↑
すごいレストランに遭遇してしまいました。
普段なら怒り心頭のはずなのに、
久し振りに天気が良くてご機嫌だったせいか、
あまりの出来事の連続攻撃に、笑いが募って怒る機会を逸したというか
なんというか…。

うまく書けるかな、あのすごい体験を。
頑張って振り返ってみましょう。

高知県内某公共施設に併設されている某レストラン、
お昼をちょっと過ぎて入ろうとしたゴトゴトファミリーが目にしたのは、
「満員御礼、お名前を表に書き込んでおいてください」の告知。
しょうがないな、と名前を書き込むゴトゴトファミリー、
その横を、「あら空いてんじゃない~」と通り過ぎ、入店するマダムたち。

満席に見えたのは、テーブルの片づけが終わってなかったからでした。
気を取り直してマダムの後に入店したところ、
膨大な量の後片付け待ちのテーブル・お皿たちの間を
引きつった笑顔で右往左往するサービスのスタッフ約1名。

見るからに一人で、注文から配膳、片づけまでやっている感じで、
いつまでも満員の札が出てたのも、まあしょうがないかと思い直し、
少し同情しつつ席に着きました。

で、席に通されメニューを見つつ選んでたところに
やってきたのが、さっきのサービス君とは違う、
チョット苦みばしった顔の第二のスタッフ。

メニューに掲載されてるランチセットは3種
お肉ランチ、お魚ランチ、ハンバーグランチでした。

第二スタッフ「ご注文はお決まりですか?」
私「ええ、ハンバーグランチを」
第二スタッフ「今日のお肉ランチはハンバーグのチーズ焼きです」
私「??、え~っとハンバーグランチは?」
第二スタッフ「ですから、今日のお肉ランチはハンバーグのチーズ焼きです!」
私&妻「??」「え~っと、今日はハンバーグランチは頼めないのですか?」
第二スタッフ「頼めます」
私「ではハンバーグランチをください」
第二スタッフ「…分かりました」

何か奥歯にものが挟まったままのような顔で
その場を立ち去るスタッフ。顔を見合わせ合点がいかない
ゴトゴトファミリー。

後々考えると、ハンバーグランチもあるけど、
今日はお肉ランチがハンバーグのチーズ焼きなので、
そっちがおいしいからお薦めよ。

っていう事を言いたかったんじゃないかと思われますが、
あまりにも言葉足らずで無愛想。う~ん妙な店に入ってしまったな、
という感じ。ここまでまだまだ序の口の先っぽです。

だらだら続けますが、
その後、シルバー等を整えに来た、さきほどの
一人てんてこ舞いサービス君が一言。
「何かオーナーが失礼なこと言ってませんでした。気にしないでくださいね」

オーナー!? 再び目が点になるゴトゴトファミリー。
まあ、ルックス的にオーナー感はなくもないのでよしとして、
どうして、失礼なことを言ってたとこのスタッフが知っているのか?
さっきは近くにいなかったはず。ひょっとしてオーナーが
厨房で吼えてたのか? それとも、いつも客に変なこと言ってて
サービスの彼がいつもフォローしてるのかもしれん。

などと推察。
だめだめオーナーを、水面下でささえ支える頑張り屋のサービススタッフ
という図式が思い浮かび、変な店だと思いつつも笑っていました。

しり上がりにいきますよ。全部事実です。

注文も終わり、まず運ばれてきたのが、サラダとスープ。
悶絶しました。サラダ、刈り込み前の芝生のようなキャベツに
座礁したプチトマトの面持ち。盛り付けという言葉を知っているのでしょうか。

さらに、すごいかったのがスープ。
長い人生の中で始めてみました。カップの中で暴れたのか、
壁面を汚しまくっています。うちらの分はそれでもまだ良かったのですが、
お隣のマダムに運ばれてきた分は、外の壁面にもスープがダ~ラダラ。
よく怒らないもんだなと感心しました。

スープ

注ぎ方も悪いんだろうけど、これを平気でお客に出せることも
すごいと思います。ウソみたいですけど、こっからさらに
ひどくなっていきます。

まず飲みました、スープをば。
妻に一言言いました。「イソジンの味がする」。
まあたぶん、調理器具の洗浄等に使っている
次亜塩素酸ナトリウムの濃度が濃すぎるのか、
それとも、水の殺菌成分が強すぎるのか、
完全に次亜素またはカルキ臭。一口しか飲めませんでした。
しかも、この後4時間ほど、口の中がイソジンでした。

その後、ハンバーグランチ用のライスが出てきたのですが、
またこれが、普通丸く盛り付けたり、まあ四角でもいいけど
形を整えたりするべよ、って思わず思ったのですが…。
これはなんちゅう盛り付けスタイルなんでしょうか、
しゃもじでボコンボコンと平らな皿に落としただけ…。
レストランなんでしょ、君たち!!
ってな按配で。え~もう完全に消化試合モード。

kome.jpg

まあ、それでも機嫌が良かったからか、
サービスのお兄ちゃんにもののあわれを感じたからか、
そんなに腹も立たず、まあメインの味がよければいいか、
ぐらいに思ってたんすよ。ハンバーグで大きく外れたことってあんまりないし。

来ましたね、ハンバーグ。
盛り付け普通。可もなく不可もなく。まあ大丈夫。
やっと幸せな休日モードを取り戻し、箸を進めるゴトゴトファミリー。

お味も大丈夫、デミグラスソースもまあ普通においしい。
大丈夫、大丈夫、だいじょ…、うん。
なんか肉の中央部分にさしかかり、べしゃべしゃした食感。
ぬるぬるした舌触り。これはもしかして…「生」。

箸を止め、中央部を切り開き確認したところ、
肉は赤くはありませんでしたが、火の通りが弱く
完全に生焼け状態。ギブアップです。

しばし呆然とし、何でこの店に人がこんなに入っているのか
などひとごとのように思いを馳せたりしてたところに、
皿を下げに来たサービス君。

私「生焼けです。これ」
サービス君「はっ申し訳ありません。確認してまいります」

てんてこ舞いが加速するサービス君。
一度引っ込んで説明しに戻ってきました。

サービス君「大変申し訳ありません。がしかし、お肉は牛肉100%で
一応赤いとこもなかったので、体を壊すことはないそうです」
私「この店はハンバーグをレア目に出しているんですか?」
サービス君「いやそうではないのですが、忙しくてオーナーがちょっと
アレしちゃったみたいです…」

アレだそうです。え~、サービス君の人柄もあり、
あまり怒りを感じていなかったゴトゴトダンナですが、
残念なことに、サービス君が一言言うべきことを言わなかったので、
しょうがなくバトルモードに切り替えることにしました。

そっちがその気ならもめるかも知れんな、と思いつつレジに足を進める
ゴトゴトファミリー。拒否しちゃったら、もめちゃうよ、
公衆の面前で独り舞台始めちゃうよ、ぐらいな感じで
当然、「お代払いません」宣言。

意外にもあっさり「ごもっともでございます」とサービス君。
なら、さっきのタイミングで言えよ。というもんですが、
まああっちもあっちで、「あわよくば…」位のしたたかさを持っているんでしょう。
最低ですね。

何か最後ちょっと拍子抜け感が漂ってしまったのですが、
ホントにお客さんがひっきりなしに入って、おとなしく
料理を食べて談笑していることの不思議。

店名はここでは明かしませんので、
ご興味のある方は、個人的にメールください。
そしてぜひ、一度行ってみて事の実態を
探ってもらえるとありがたし。

ネタにもなるし、一度くらい変な目にあっても笑い話ですけん
ぜひトライしてみることをお薦めします。
うちらも夫婦でずいぶん笑わせてもらいました。

もう2度と行きませんけどね。
おしまい。


2014.09.02 / Top↑
幡多の強力生バンド・南十字星のライブに行ってきました。
いや、言葉が違いますね。歌謡ショーです。

え~、ゴトゴトダンナと音楽の話をしたことのない人や、
フェイスブックでつながっていない人は、何のことやらわからんと思いますが、
マイホームタウン・幡多地域にはですね、南十字星という生バンドがありまして、
なんでも起源は昭和20年代にさかのぼり、
中村でフェイマウスな存在であったキャバレー・つばき。
そこのバンドメンバーの皆さんで結成されたのが馴れ初めとか。

その老舗バンドが、どう紆余曲折を経たのか、まだ知らないのですが、
60年以上のときを経て、若いメンバーも入り混じり現在でも活動されているのです。

ゴトゴトダンナが南十字星に初遭遇したのが、
一昨年のはたフェス。入野の駐車場に車を止めて
外に出たとたん、強烈なホーンセクションが聞こえてきました。
ロシア民謡のようにも聞こえるし、演歌、ムード歌謡のようにも聞こえる…、
にしも音がビンビン立っていて、なんともいい感じ。

最初、はたフェスに渋さ知らズが来たのかと思いました。マジで。
南十字星の音を聞いてもらえば、分かる人は分かると思います。

ほんでもって、音の鳴るほうに歩いていくと、
いたんですね。妙齢の方から若者まで入り混じり、
強烈に音をうねらせるバンドが。

しかも歌い手は、地元の喉に自信ありの皆さん。
1曲ずつの入れ替わりで披露。これがまたうまいんだわ。
なんともショー的なステージで、一発でファンになりました。

その後、バンドの名前は分かったものの、
いったいどういう人たちなのか情報がつかめずにいたのですが、
たまたま帰省した時に目にしたスリーエフのポスターで
4月に黒潮町で歌謡ショーが開かれることがわかり参戦。

以後、メンバーの方たちともフェイスブック友達になったりしつつ、
この前の日曜日、土佐清水ライブに行ってきたというわけであります。

え~、前置きが長かったですね。失礼をば。
南十字星の土佐清水歌謡ショーを写真とともに振り返ります。

_MG_0689.jpg
土佐清水1曲目は、大方の松本さん。私もカラオケの定番にしている曲・「長崎は今日も雨だった」。
コーラスも抜群。咽び泣くテナーサックス。

_MG_0695.jpg
2曲目は「星の流れに」という曲。この曲、南十字星で初めて知りました。すばらしい楽曲です。
大方の田辺さんの声もすばらしい。

_MG_0761.jpg
強力なホーンセクション。ミックスジェネレーションのハーモニー。

_MG_0799.jpg
バンドの屋台骨リズムセクション。重厚であり、かつ壮大なグルーブを生み出します。

_MG_0800.jpg
弦楽器&鍵盤楽器隊。オブリガードはお手のもの。表になり裏になり歌い手をリードします。

_MG_0731.jpg
バンマスはドラムの藤村さん。尊敬するドラマーは、ジョン“ボンゾ”ボーナム!

_MG_0816.jpg
「じょんがら女節」を熱唱する、三味線すみれ会の先生・松岡さん。むちゃくちゃカッコイイです。

_MG_0886.jpg
ハイテンションなトランペットを吹き続ける濱中さん、浜口さんの歌では立ち上がって熱演!

_MG_0896.jpg
司会の浜口さんも氷川きよしを熱唱。
ゴトゴトダンナはこの方がはたフェスでアロハシャツ姿で、頭に黄色レイをつけて
細川たかしを熱唱してるのを見て・聞いて、ハートをわしづかみにされました。

_MG_0846.jpg
歌が終われば、司会で大忙し。パソコンで原稿確認でしょうか?

_MG_0938.jpg
ジュディオングさんにも来ていただきました。

_MG_1005.jpg
土佐清水の黒原さん余裕の歌唱「満点の舟歌」。やっぱり細川たかしっすね。

_MG_1022.jpg
中村の喫茶店アップルのオーナー南さん。「ああ竜飛岬」。ダンディー一直線。

_MG_1068.jpg
大トリは地元土佐清水の白石さん。森進一の「襟裳岬」。これまた私のカラオケレパートリー。

ということで、ゴトゴトダンナの18番「長崎は今日も雨だった」で始まり
泣かせどころで歌う「襟裳岬」に終わった南十字星土佐清水歌謡ショー、
いかがだったでしょうか。撮ったビデオを聞きながら書いてますが、
やっぱいいわ~。

ちなみにこの日の歌謡ショーは3時間! 全31曲。
ご紹介できなかった歌い手の皆さんごめんなさいね~。
まだまだ書き足りないことがたくさんあるのですが、
なぜか続きでレッドツエッペリンが聞きたくなったので、
ここら辺で筆をおかせてもらいます。

ブギー!

2014.06.17 / Top↑
昨年よりプロジェクターを購入し、
ほぼ毎週のように話題作の上映を行っている
われらがゴトゴトシネマ。

まあほぼ、客は店主由一人なのですが、
先々週は近所の人たちと一緒に
野外上映会も楽しみました。

でまあ、今後も運営を重ねていくにあたり、
プロの技術・システムなどをば学ぶため、
シネコン以外で唯一高知市で経営を続けられている
老舗・あたご劇場に行ってきました。

DSCN1755.jpg
あたご劇場です。繁華街ではありませんが、高知の割と中心地にあります。

DSCN1775.jpg
ロビーはこんな感じ。ジュース、コーヒー、ビール、お菓子、おつまみ、何でもござれ。

受付に、ちょっと前に東京からUターンしてきたというスタッフのお兄さんがおり、
話を聞いたところ、西新宿に住んでたとのこと。
ゴトゴトファミリーは小猿が3歳になるまで、そのお隣の新中野
に住んでおりましたので、久々に東京ご近所ネタを楽しみました。

DSCN1768.jpg
2階席から撮ったスクリーンと客席。

2階席ってちょっと大人な感じでわくわくするんですよね。
ゴトゴトだんなの故郷・中村市(現四万十市)には、
太陽館という、もうだいぶ前に閉館してしまった映画館があり、
幼少期~思春期まで、まあよく通いました。

朝から晩まで、同じ映画を見ていたこともあったし、
なんか、当時仲のよかった女の子と見に行ったこともあったな~。
う~ん、だいぶ前の話だ。

だから自分の映画館原体験は太陽館、
映画館に関するすべてもモノサシ、巻尺は
太陽館が基準になっています。
その点で語ると、あたご劇場パーフェクトです。

このにおい、この雰囲気。
朝から晩までいられそうです。
「明るい内に入ったのに、出てきたら夜」っていうあの感覚、
あれをもう一度楽しみたいものです。

ああ、なんか懐かしくなってきた。
予断ですが、中村の太陽館の近所には飲食店が多く、
近所で焼きそばとかたこ焼きとか頼んで、
映画館に出前してくれる、というすごいシステムもありました。

真っ暗な映画館で、どうやって配達しくれるの?
と、思うでしょ、普通。でも大丈夫、
お客さんが4~5人だから、簡単なのです。

この日のあたご劇場も、お客さんはゴトゴトダンナ含めて
3名様也。まあそりゃ経営は厳しいとか言う世界を超えてまさあね。
頑張ってもらいたいです。

DSCN1758.jpg

この日の上映は、「祖谷物語」
徳島・池田高校の蔦監督のお孫さんが撮られて、
最近高知、四国では話題になっている映画です。

この映画の内容に関しては、昨日フェイスブックに書いたので
割愛したいぐらいすごいものがありました。
もうちょっと簡単に語れないくらいビンビンきました。
蔦監督の孫、すごいです。やまびこ打線復活! って感じでした。

で、ゴトゴトシネマとして学べた事としてしましては、
音ですね。音いいっすねあたご劇場、
古い映画館だから、どうかなと思ってたのですが、
何かすごくクリアーで良かったです。

映画の内容的にも、後半自然界の森のざわめきのような音、
都会の常に振動する低周波音みたいなのが、
すごくクリアに出ていて、いい効果を出していました。

スクリーンもきれいだし、最初は館内の観察なんかしていたのが、
途中から、映画に入り込んで一体化できたところなど、
うん、いい劇場のあかしだと思います。
箱は古いですけど、スクリーン、音ともにグッド。
「ぼろは着てても心は錦~♪」
人間いつまでもそうありたいものです。

館主曰く、この映画は
「オレがそこでタバコすってたら、若い兄ちゃんがきて
徳島で映画撮ったので上映してくれって言うてよ、
名前聞いたら徳島の蔦言うから、蔦監督の親戚か、ち聞いたら、
孫じゃいうけんよ。それで上映決めた」とのこと。
いいっすねさっぱりしてて。

他にも結構いいラインアップなので、その辺は
どう決めているのか聞いたところ、
「だいたい東京とかで上映するやろ、まず。
そんなかで、まあ適当に勘で決めてる」
とのことです。すごい勘だと思いました。

え~、なんかまじめに語ってしまいましたが、
あたご劇場の次の上映は、今村昌平監督の
「豚と軍艦」。名画中の名画です。

やっぱり家のスクリーンよりでかいし、音もいいし、
あたご劇場、しばらく通ってしまいそうです。
みんなも行きましょう。見て支えようあたご劇場!

では、そろそろ畑仕事に行かねばなりませんので、
失礼をば。

また長く書いちゃったな~。

2014.06.14 / Top↑
ごぶさたです。
あなたの街の朗らか家族が運営する
家内制手工業ゴトゴトファクトリー
無事です。元気です。ノリノリです。

振り返ってみると1年と3ヶ月間も
このブログに手をつけていませんでした。
最後の記事が土佐山七厘社!

ゴトゴトファクトリー一家も
フルメンバーで参画! とか調子のいいことかいてますが、
あの記事以来参加できず…。
まあ、やつら平日にやるからね、行けんのよウチラ。

…気が付きましたか? 平日には行けないと記述しました。
そう、ゴトゴトダンナ、キッチンチナともに昨年4月から
夫婦そろってリーマンブラザース(高知のスラングでサラリーマンの意)。
なのです。

まあ、ゴトゴトファクトリーの方が人生における主業なので、
リーマンのほうは副業。あくまで糊口をしのぐための
一時的な手段であります。あると信じます。

ご存知の方はご存知で、
この1年フェイスブックはやってたのですが、
文章をダラダラ紡ぎたいときは物足りまませんね。

また、ボツボツとこのブログを綴っていきたいと
思っておりますので、よろしくお願いします。

では、これから食器洗いが待っているので、また。


2014.06.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。