高知県土佐山に暮らすゴトゴトファミリーのゴトゴトライフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
え~、そんなこんなで天の岩戸は終了。
続いて出てきたのが4人の若衆。

i00128.gif
見事な太刀踊り。ちなみの右の男前の方、そんなに若くないのですが、
私の元いた会社・大地を守る会初代会長の故・藤本敏夫さんにそっくり!
妙なシンパシーを覚えました。

まあこの踊りは、あんまりどきどきせずに
落ち着いて見られるかな、と思っていた矢先、
出てきましたよ。奴が。

i00171.gif
鬼っす。

さてまたビートが激しなりく、舞台狭しと暴れまくる鬼。
またしても手に汗にぎる展開に! 
ああ、何かクラクラしてきたよ、と思ってたら、
隣でカメラを構えていたお兄ちゃんが、
「さて、阿鼻叫喚を撮るか」と物騒な一言をポロッと(これホント)。

まだ来るのか、今度は何だ、般若か天狗か!
と一人身構えていたろころ、静まり返る舞台。
ほいでもって、舞台に上がってきたのが!

i00175.gif
かわいいベイビーを抱っこした、スーツ姿の感じのいいお父さんお母さん達。

え~っと、理解を超えてきちゃったんですけど…。
舞台を中断してお宮参りでしょうか…。
なんてのんきなことを考えていたその時!

i00183.gif
かわいい乳飲み子を、守り慈しむ父親の腕からむんずと剥ぎ取り、
抱きかかえつつ踊り狂いはじめる鬼!

何事でしょうか!?

i00187.gif
泣き叫ぶ童! まさに阿鼻叫喚!

泣けども、わめけども、鬼は踊りのステップを緩めず、
赤ちゃん鼻水と涙で顔ぐちゃぐちゃ!
ああ、どうしよう! 

いろいろなことが走馬灯のように頭を駆け巡りました。
…これは神事、もしやこのベイビーたちは、
今年のお供え物? 鬼に食べられちゃう!?

そういや東洋大の丹野教授が、子供の「供」はお供え物の意味だから、
その歴史を批判する意味を込めて、君達はひらがなで書きなさいと
教えてくださったよな、そう、自分はその教えをを守って20年。
編集者としての業につくも、子どもの「ども」に「供」を使ったことはない!

おらっ、止めに入るぞ!
と思ったその刹那、また頭を駆け巡る現実的な思惑。
…まてよ、今僕が止めに入ってみんなにつかまっちゃたりすると、
物事の順番からして、やっぱり僕がお供え物になる? んだよねきっと。
あの人たち腰に真剣刺してるし、やばいよねやっぱり。
見てる人も村のじいちゃんばあちゃんだし、
よそ者一人の消息なんて、村ぐるみで
簡単に消せちゃったりなんかして、へへへ。

と非常に高度な推敲を経るに経て、
いま少し様子を見ることに…。

良く観察すると、鬼は観客の中で
カメラを持っている人たちの前でポーズを撮ったりしています。
そのカメラマンを良く見ていると、
どうもそのベイビーのおじいちゃんらしき人ばかりなり。
みな満面の笑み。

ありゃりゃ、場が和んでる。
あれ、赤ちゃんも無事にお父さんに返されちゃった。
もうケロッとしてる。

ってなもんで、私の物騒な推理は大はずれ。
お供え物の儀式じゃなかった模様です。

後で調べたところ、この鬼は大蛮という名前で、
生後1ヶ月未満の乳幼児を抱えて踊り、
五方の神々に祈ってもらうことで、子ども達の
無病息災を祈願しているのだとか。
あぶなく大切な行事を台無しにしてしまうところでした。
くわばらくわばら。

i00190.gif
二人目の子も阿鼻叫喚。

でもね、8人出てきたんだけど
半分くらいは泣いてなくて、キョトンとした感じ、
1ヶ月未満じゃ、まだ鬼の怖さもわからないかもね。
これが幼稚園~小学校低学年くらだと、すげえぞ、
なあ小猿(家の娘はとんでもない泣き虫)。
って思いました。

i00234.gif
この子なんか「おじさん、高い高いしてくれてありがとう」ってな感じ。

はい、長くなったのでまた一休み。
vol.3に続きます。



スポンサーサイト
2012.10.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://gotogotofactory.blog.fc2.com/tb.php/9-f6dbd36a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。