高知県土佐山に暮らすゴトゴトファミリーのゴトゴトライフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
あけましておめでとうございます。
誰にも聞かれてませんが、コクリますと、
今年も「大吉」でした。

そうなんです。
私、だいたいいつもおみくじは「大吉」。
なのですが、さすがに厄年の三年間はそうはいかず、
特に本厄は「凶!」。忘れもしません、浅草・浅草寺。

でもって厄抜けした去年から
また、思いっきり「大吉!」続き!
…と言ってもたいして代わり映えしない
毎日がゴーインオンしています。

でもってゴトゴトファミリー、
年末年始は東京のキッチンチナ実家に
帰省(寄生?)してました。

いやいや、食った飲んだ遊んだ寝た。
家族総体で何貫太りましたでしょうかね。
義父さん、義母さんありがとうございました。

そんな毎日を送る中、1月5日、
思い立って首相官邸前と経産省前の
テントひろばに行ってきました。

13-01-05_002.jpg
毎週金曜日に脱原発デモが行われている首相官邸前。10年前の携帯カメラで撮影。

土曜日に行ったのですが誰もいませんでした。
初めてだったので、立っていた警官に
「あれが首相官邸か?」「ここがデモの中心地か?」と
ぶっきらぼうに聞いたところ、なんだか地方出身の好青年っぽい
警察官で「そうっす、でも今日土曜日なんで人がいないんすよね~」
みたいな回答。

おのぼりの観光客にでも見えたんでしょうか?
あまりにてらいのないな返事に、ちょっと好感を覚えました。
こういう人間味のある人とは、できれば対立したくないですね。

相手の出方によっては
原発反対音頭
をアカペラで一発ぶちかますつもりでしたが、
青年の朴訥さに免じて許す。
まだ正月だし、ダラダラ警備しててくれ。

果たしてこのとき、再チャレンジャー安部が
この中にいたのかどうかは分かりませんが、
しばし念仏を唱えてこの場を後にしました。

向かった先は、経産省前「脱原発」テントひろば
2011年9月から、経済産業省の一部の敷地を占拠し、
座り込みを続けている「脱原発」行動です。

13-01-05_009.jpg
寒い中座り込みを続けているサイトウさん(写真左下)が出迎えてくれました。

テントひろばに関しての情報は
インターネットのみでしか入らないので、
実態が良く分かっていなかったのです。

なんせ公共の敷地を不法占拠するという
ラディカルな活動を続けているわけですから、
ちょっとインテリ系の小難しい連中とか、
原理主義的なヒッピー系とかだとやだな~とか、
思ってたのですが、全然違いました。

この日いたのは、80代のサイトウさんはじめ
50~60代の方3名。初めての訪問にもかかわらず
「高知、いやあ~遠くから来たね~」
「高知は脱原発勝ち続けてるね~」
とかねぎらっていただき、
まんじゅう、おせんべい、バッテラなど
差し入れられたおみやげ物を進めてくれたりして、
和やかに談笑しました。

皆さんのご経歴は詳しく聞いてませんが、
脱原発を含め、長らく社会運動に取り組まれてきた
ベテラン活動家の方々かと、お見受けしました。

そんなこんなお話している最中も、
ぼつぼつ人が訪れ会話の中に入ったり出たり、
話し込むと、共通の友人がいたり、共通の仕事仲間がいたりして、
一気に高まる親近感。
まるで友達の家に遊びに着てるかのような和み方で
2時間近く過ごしてしまいました。

しかしながら、その日聞いたところによると
「右翼の街宣車が何度も突っ込んできた」とか
「チンピラがテントによじ登って暴れた」とか
物騒なエピソードもてんこもり。さらに、現在も
「政権が変わって、いつ強制撤去されるか分からない」
という状況。常に5~6人が当番で泊まり、
内1人は寝ずの番を行うという、緊張状態にあります。

皆さん歴戦のツワモノっぽいので、
そんなピリピリ感はおくびにも出しませんが、
そういう状況なのです。

さまざまな脱原発行動の拠点としても
機能しているこのテントひろば、
強制撤去されることなくアピールを
続けられるよう、皆さんも注視していてください。

13-01-05_013.jpg
なぜか記念撮影。左がこの日の当番の江田さん、右は訪問客のおじさん。
私は着膨れです念のため。

高知のデモのことも伝え、
最後は「頑張りましょう!」と
言って別れました。

まだの人はぜひ行ってみてください。
たくさんの仲間に会えますよ。

頑張りましょう!



2013.01.09 / Top↑
さあ年末、どうですか皆さん寒いですか?
高知は寒いです。特に土佐山は。
高知市郊外より-3度はいってます。

そんなこんなの12月23日、
我々の地元・土佐山桑尾地域の
年中行事・公民館の大掃除&門松作り&
ゴトゴト石のしめ縄巻きなおし&
忘年会が開催されました。

自分は昨年初体験したゴトゴト石の
しめ縄巻きなおし、に今年も志願して参画。
1年ぶりの山作業を楽しみました。

_MG_4891.jpg
今年のしめ縄隊の面々。
あるものはあたりの景観をよくすべく木を伐採し、
あるものはとりあえず寒いので火をおこし、
あるものはしめ縄用のわらをほぐし、
あるものはさい銭箱をこじ開けるのに悪戦苦闘。

誰の指示を待つでもなく、自分の意思で勝手に
それぞれ得意な仕事に着手する大人な集団です。
自由すぎて、今年は予定時間を大幅にオーバーしました。

_MG_4917.jpg
ござの手前が昨年作ったしめ縄、1年間風雨にさらされてボロボロなので、毎年1回新しいしめ縄を
巻きなおしています。

要領の分からなかった昨年と違って、
今年は、なわない作業もやらさせてもらいましたが、
まさに読んで字のごとく「しめ」縄。

ぐりぐりぐりぐり、雑巾をしぼるかのように
締め上げたわらどうしをくくって、
さらに締め上げていきます。

_MG_4922.jpg
最初はこんなだった縄が、

saigo.jpg
最後はこんなにぶっとく!

_MG_4951.jpg
ディテールを仕上げる桑尾地区の長老・ゲンさんとデンさん!

え~っと、ここらでゴトゴト石の紹介をば。
うちの家内制手工業の屋号の一部にもなっている
神秘の石・ゴトゴト石は、土佐山桑尾の奥山に鎮座。
名瀑・山姥の滝の懐で、たまに訪れる観光客に
押されてはゴトゴト揺れ、引かれてはゴトゴト揺れて
毎日を過ごす神秘の石。

どんなにグラグラ揺らしても、絶対に落ちないことから
受験生、選挙関係者などから絶大な支持を受け、
「西南日本最大の受験祈願の奇岩」とも言われています。

ちなみに一度男4人ぐらいで押したろころ、
とんでもなくグラングラン揺れて、
「これは落ちるんじゃないか!」
とヒヤヒヤしましたが、落ちませんでした。

そう、
ゴトゴト石は落ちません!
受験生の皆さん、その親族郎党皆々様におかれましては、
ぜひ祈願に来ていただき、隣にあるお賽銭箱に
いくばくかのお気持ち(できれば日本国通貨)
をチャリンと投げ入れていただければ、
さらに、その御利益も倍増することと思われます。

_MG_4976.jpg
左端がしめ縄をはずしたゴトゴト石、右のお屋根の前がさい銭箱。どちらもよろしくお願いします。

さてしめ縄作りも終盤

_MG_5015.jpg
「おじいちゃん~、おはいんなさ~い」じゃなくて、なった縄を地面に打ちつけ「まろみ」を出す作業。

_MG_5031.jpg
いよいよ大詰め、ゴトゴト石にのぼり縄を占める長老、80うん才! 後ろは真っ逆さまな崖っぷち!

_MG_5049-1.jpg
今年もきれいにしめ直しました。

_MG_5053.jpg
一仕事終わったいい笑顔! 皆さんお疲れ様でした。

_MG_5075.jpg
公民館に降りていくと、立派な門松ができていました。山の匠ですね。

で、この日午後からは
この公民館で大忘年会!

脂の乗ったブリの刺身を食って、
牛肉たっぷりのすき焼き食って、
白味噌で絶妙なしし汁(いのしし汁)鍋食って、
ビール飲んで、日本酒飲んで、はし拳してヨイヨイ。

地元の皆様、移住して1年本当にお世話になりました。
また、来年もよろしくお願いしま~す。

_MG_5069.jpg
しし汁のいのししを捕ったのは、先日取材させてもらったゆずの永野龍一さん。
むちゃくちゃうまかった~。

こんな楽しい1日が、忘年会参加料・家族3人で千円ぽっきり!
なんと贅沢な暮らしでしょうか。
いやあ、今日も満腹満腹。

おやすみなさい。




2012.12.26 / Top↑
ゴトゴトファクトリー・デザイン部、
初仕事がこの度、無事終了いたしました。

クライアントは大分県佐伯市・
子ども服のリサイクルショップ
スマイルキッズ様。

デザインを依頼されたのは
「ユーズド子ども服の買取PRのためのフライヤー」。
当初モノクロ版のフライヤーをご所望でしたが、
初仕事なので勢いあまってカラー版まで作ってしまいました。

スマイルキッズA5カラー
しばらくオーガニック・天然系の媒体ばかり作ってきたので、
その反動からか、昨今みょ~にカラフル嗜好。
ジェリービーンズみたいな色合いがマイブームです。

あと提案させてもらったのが、白黒版でぬり絵にして
子ども達に塗って持ってきてもらう、
という双方向のコミュニケーション。

子どもの笑顔であふれかえる店作りの
お役に立てれば幸いです。

でもって気になるギャランドゥ、
じゃなくてギャランティーは!

ドコドコドコドコドコドコドコドコ
(ドラムロールの意)

大分県佐伯市・名産品セット!

佐伯市名物塩麹2瓶
佐伯市名物ごまだしうどんの元2瓶
かます干物1パック
うるめいわし干物1パック
おつまみエイヒレ1パック
など盛りだくさんの海の幸! 里の幸!。

スマイルキッズ様、この度はご発注ありがとうございました。
こののち、御社の売り上げがうなぎのように昇りつめちゃった暁には、
ぜひ、日本国通貨によるお支払いをば、
何卒よろしくお願いいたしまする。

てな按配で、今年はブツブツ交換でも
お仕事させていただきますよ、
デザイン、コピー、編集、広告など
ゴトゴトファクトリーへのご発注は
下記アドレスにご連絡ください。ね。

●ゴトゴトファクトリー・メールアドレス
boogieboogie4@gmail.com

よろしくです。




2012.12.04 / Top↑
先日、運動会があったかと思いきや
昨日25日はは文化祭。
高知市土佐山、お祭りだらけです。

会場は県道16号沿いの庁舎、公民館、
消防署、農協、土佐山ストア
が左右に連なるあの一角。

「土佐山銀座」とも「土佐山親不幸通り」とも
呼ばれておりませんが、まごうことなき
土佐山のメインストリート。

DSC00371.gif
♪この街のメインストリート、押しボタン信号がひと~つうう♪
♪青になったところわ~、誰も見たことな~い♪

で、ですね妻のキッチンチナが今年は
公民館で働いてまして、この日は
子どもハロウィンのホスト役。

子どもたちを引き連れて、あっちこっちで
トリックオアトリート! しました。

DSC00344.gif
出発前に絵本を読み、ハロウィンギャングの士気を高めるキッチンチナ(中央)。

DSC00347.gif
駐在さんを急襲するハロウィンギャング。「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!」
のシュプレヒコール!!

DSC00397.gif
農産物展示場を襲撃するハロウィンギャング。襲われるほうも楽しそう。

まあ、そんなこんなでメインストリートを右往左往、
展示を見に行ったり、格安野菜やお魚を買ったり
土佐山婦人部のおいしいうどん、おでんなどを食したり
しつつ過ごした後、この日のメインイベント(だと勝手に思っている)
「米俵担ぎ競争」の開催!

え~この日は文化祭であります。
運動会ではありません。
しかしながらなぜか、米俵担ぎ!
これぞ土佐山カルチャー!

競技は、子どもが10kg
女性が30kg、男性が60kg
の米俵を担ぎ、神社に併設された
土俵の周りをグルグル回るもの。
女性と子どもは1週のタイムを、
男は2分間で何週回れるかを競います。

60kgっちゃあすごいですよ。
始まる前にちょっと持ってみましたが、ずっしり。
私では担げません。間違いなく肩まであがりません。

男性の競技は、まあもう骨がきしみ、
骨盤のよじれる音が聞こえそうな有様でした。
皆さん月曜は仕事に行けたのでしょうか?

DSC00434.gif
人はなぜ、米俵を担いで土俵の周りを走るのか…。う~ん、だいだらぼっち。

地域の皆様お疲れ様でした。
盛りだくさんで満腹です。

おやすみなさい。



2012.11.26 / Top↑
農民文学賞受賞作品に
高倉健が主演したような
タイトルですが、

高知にNPO「土といのち」という
有機任侠系、もとい有機農業系の
生産者&消費者団体があり、
もう35年以上前から宅配などの
活動を行っています。

その運営委員の方から
大地を守る会のカタログ作成などについて
経験話を聞きたい、と相談を受け
総勢5名でご訪問いただきました。

_MG_4341.jpg
こちらが「土といのち」のカタログ。

このカタログ一見地味ですが、
良く見ると、噛めば噛むほど旨みが出る
深~い味わい。

大地を守る会も入社した20年前は
こんな感じのA4モノクロ。
記事はおろか、デザインも(当時はしりのマックを導入)
商品写真の盛り付けも、撮影もスタッフみんなで
工夫して、手作りで一生懸命作ってました。

そんな古き良き時代を感じさせる
土といのちのカタログですが、
月に一度の注文システムとあいまって、
分かりにくいんではないか、という内省もあり、
リニューアルを検討されているのだそうです。

まあ有機任侠歴30有余年の御歴々の前では
ヒヨッコのゴトゴトダンナですが、
何かのお役に立てればと思い
意見交換させていただきました。
お役に立てたでしょうか?

さて、この調子でコンサルタント業界にも
進出してしまおうかしらと検討中。
となると、ゴトゴトコンサルティングですな。
はははは、ウソですよ。

_MG_4338.gif
お弁当タイム。みなさんさすがに地のもの、旬のものがならぶ、ほのぼの弁当。うまそう!

_MG_4329.gif
そんななか度肝を抜かれたのが、ある方のお弁当。何とペーパー栽培のスプラウト。まだ生きてます。

_MG_4330.gif
お弁当タイムに収穫し(むしりとり)、ごっつい全粒粉のパンに挟んで食べます。鮮度抜群!

え~っ。土といのちの皆様
肩の力が抜けた自然体の方ばかりで、
とっても親近感が高まりました。
またよろしくお願いします。



2012.11.24 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。